公立大学法人福島県立医科大学 外科学部門 公式サイト

公立大学法人福島県立医科大学 外科学部門

研修医・学生の皆様へ

ホーム > 研修医・学生の皆様へ

5年生の実習

基礎的な実習(1週間)として、手洗い・ガウンテクニック、結紮手技、縫合手技、胸腔穿刺法、乳房触診法、甲状腺超音波検査、腹腔鏡手術の基本操作について小グループで臨床技術の習得をしてもらっています。
また、各外科講座の疾患についての講義を行っています。
実践的な実習(2週間)として、各診療科に配属され病棟・外来、各カンファランス、手術に参加してもらい外科の実際の仕事を経験してもらっています。
 また、実習の最後に経験した症例・疾患についてまとめ、プレゼンテーションをし、卒後、医師として必要となる研究・発表のトレーニングをおこなっています。

6年生の実習

5年生で実習が終わった後、再度外科の実習に興味がある学生さんに参加してもらっています。週おきに関連施設での外科診療に参加してもらうことも、大学病院で外科診療に参加してもらうこともでき、できるだけ希望にそってフレキシブルな実習をしてもらっています。

研修医・専攻医の方へ

外科医を目指す専攻医のため、外科専門医研修プログラムを組んでいます。
専攻医は特定の医局に所属・入局することなく、外科という大きなくくりに入りプログラムに参加してもらっています。
そして、大学のサブスペシャルティー講座に配属・異動をしながら各疾患の研修を行い、手術はもとより診療全般を学ぶことができます。
大学病院だけでなく、関連病院での研修も含まれますが、関連施設に講座間の垣根はありませんので、専攻医は自分の将来にあった病院での研修が可能になります。
最初からサブスペシャリティーを決めることも可能ですし、時間をかけて決めることも可能で、フレキシブルに各個人にあったプログラムを組むことができます。
また、プログラムが大きな組織で一元管理されておりますので初期研修医からの連動、サブスペシャルティーへの連動もスムーズです。

 

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください

公立大学法人福島県立医科大学 外科学部門
〒960-1295 福島県福島市光が丘1